会社概要

Webと映像を融合させて社会に貢献

当社社名である「トライマックス」は、挑戦する:“TRY”と最大・最高:“Maximum“を組み合わせた造語で、「全ての仕事を心を込めて、ていねいに、かつ最大限挑戦してゆく」という意を込めて命名いたしました。成熟度を増すインターネットのさらなる可能性を創造すると共に、TV/映像制作で長年培ってきたノウハウを融合させ、テレビ中継やストリーム配信といった、私たちならではのクリテイティブを、また立体感のあるコンテンツづくりを複合的にご提案しながら、豊かな社会づくりへ貢献して参りたいと考えております。

ロゴマークの黒とピンクの三角形は、社会-クライアント-弊社がすべて(Win-Win-Win)となるよう、またこの三角形が地に足がつき、かつ温かみを持つようにとの思いを込めています。

「アタタカナ、デジタル。」デジタルコンテンツに命を吹き込むクリエイターでありたいと、願っています。

資本金:6.000.000円(平成29年3月現在)

決算期:11月末日(年1回)

代表者:代表取締役 柏原 誠

社員数:2名

主要取引銀行:北おおさか信用金庫・大阪信用金庫・東京三菱UFJ銀行

URL:http://www.trymax.jp/

 

ドローン事業

空の産業革命に向けて、積極展開します。

 

弊社は平成26年に、「取引改善型ものづくり補助金」の承認を受け、小型無人航空機(ドローン)による空撮事業をスタートさせました。主に企業ビデオ、CM、放送業務など映像制作系での業務を主として事業を行っており、現在、DSO(関西ドローン安全協議会)の会員となり、オペレーションの習熟を深めております。

技術開発によりドローンの用途が多岐にわたる可能性を見出し、平成28年8月には、㈱東京中央経営の支援を受け、「農地監視に特化したドローン空撮サービス」について、大阪府から「経営革新計画」の承認を受けました(大阪府指令経支第1068-41号)。また、これに関連する補助事業として、本年3月に「ネット活用による、営農者-消費者間の販売・広報サービスの提供」として、中小企業庁の小規模事業者持続化補助金が承認され、本事業に係る初の契約を和歌山県九度山町の農業法人様より頂戴し、さらに継続して複数の案件と折衝中です。

また、近畿圏での農地監視はもちろん、測量・分析・調査といった、空撮分野からより進化した分野でのドローン活用を現在、模索しています。

特に本事業は、ドローン産業に豊富なノウハウと知見を持つ豊中商工会議所の経営指導において、専門相談員のアドバイスを受けながら、まだ国内では実施例の無い「ドローンによる農薬散布事業」の実施に向け、関係各社と共同で推進しております。JUIDA認定資格及び全国飛行許可の取得をめざしております。

インターネット・EC事業

ECを軸とした物販とWEBサイト制作・メンテナンス業務を推進

インターネットに長年携わり、Eコマース制作・運営の実績を活かし、既存のYahooショッピング「HD-POWER」運営による自社制作コンテンツの販売に加え、アマゾン・メルカリなどの既存プラットフォームも活用し、物品販売にも力を入れて参ります。また、取扱商品の拡大において、中古品市場なども注目すべきマーケットであり、古物商許可の取得も考慮しつつ、既存のEコマースを積極的に活用できる取り組みを展開します。

元来弊社は、そのの設立課程において、WEB制作・メンテナンス業務から創業しております。近年のHTML5をはじめとする技術革新を採り入れ、さらなる発展をめざし、原点回帰をはかります。

【WEB制作に関して】
~使いやすくなったホームページ~
ホームページは今、CMS(Contents Management System)と呼ばれる、クラウド環境型の運営が主流になってきました。
これにより、今まで制作業者が担当していた日々の更新作業をクライアントご自身がブログ感覚で扱えるようになりました。

これまでは、私どものような専門業者がツールを使って、更新データを作成してサーバーにアップロードするといった作業が必要でした。ですから、更新依頼→原稿作成→カンプ(確認)→専用ツールでアップロード→更新という流れがどうしても必要でした。情報の早さが求められるようなホームページでは、予めいくつもの原稿を作成しておき、少しでも作業を簡略化してアップロードするなどの努力がありました。これらが高コストにつながったことは言うまでもありません。

 

インターネットにご興味のある方なら、ブログやLINE、FacebookなどのSNSをご利用になられる事も多いと思いますが、それらと全く同じ感覚でホームページをメンテナンスできます。これは、ホームページ制作・維持にかかる費用を大きく圧縮することができ、私どももこうしたCMSのご利用を強くお勧めしております。

一般的にホームページの制作費はいくらなんだ?というお問合わせをよく頂戴します。正直に申し上げますと、「内容による」というお答えしか出来ないのですが、大規模な企業や学校などのホームページですと数百万~数千万というものもあれば、ブログだけといったものならば数万円で制作が可能です。

~用途と目的で決まります~
今やホームページは、生活に無くてはならない存在になっています。商用利用以外にも、公的な性格をもつグループや組織など、様々な人がホームページを開設しています。もちろん、個人の方も開設が可能です。それゆえに、用途と目的を決めないと、誰にも見てもらえないホームページになってしまいます。

~立ち上げはプロの手に委ねて、あとは自分で・・~
多くの制作実績と経験を持つプロの手によるホームページをまず最初に制作し、メンテナンス(維持)は自分で行う、といったケースが非常に多くなっています。商用でお使いのお客様の場合、トラブルが発生したり、画像や写真を加工しなければならない場合は、維持費込みでご契約させて頂くケースもあります。いずれにせよ、以前よりは大幅にコストと作業時間が削減されました。既存のホームページがどうも不満だ、維持費が高くて困っている、等のお悩みがございましたら、一度お問合わせ下さいませ。

映像制作

高校生時代、テレビマンに憧れた私は大学卒業後京都の放送局関連会社に就職しました。配属部署は営業職でしたが、映像機器を自分で購入して技術を学び、撮影・編集もすべて自前で行っていました。独学でしたが、幸いにもまわりに多くのプロ、それもベテランの方がおられ、仕事を離れて基礎的な技術を教えていただきました。

広告営業に移動してからは、いよいよ本業となり、ラジオ番組・テレビ番組のプロデュース・制作を経験し、それが今の基礎技術となっております。
放送局関連会社での勤務経験を活かし、また前職でもパソコンを扱うことが日常的であったので、早い
時期からインターネットに慣れ、退職から会社設立まではホームページ制作が主要な業務でした。会社設立を機に、映像とインターネットを軸とした会社とし、制作スキルを蓄積。現在ではyoutubeでの公式チャンネルの設置・設定、さらにはライブ中継も手掛けるなど、豊富な経験とノウハウを持っています。

 

youtubeオフィシャルチャンネル

~標準的な制作料金~
企業紹介ビデオ(10分~20分)300,000円~
イベント中継(1時間~2時間)400,000円~
イベント収録(編集なし、1日拘束)160,000円~
撮影のみ(1日拘束、1名)30,000円~
ほか映像関係スタッフ(1日拘束、1名)25,000円~

※消費税は別途申し受けます。
※詳細はお問合わせ下さい。
 

お知らせ